アレルギー性鼻炎を起こしやすくする要因|横浜市都筑区の耳鼻科

横浜市都筑区の耳鼻科なら、なかがわ耳鼻咽喉科

0459143800

WEB予約受付はこちら

ブログ

blog

アレルギー性鼻炎を起こしやすくする要因

ブログ 2016年01月29日

今年の花粉は例年よりもやや多めで、暖冬による影響のためか2月前半に飛び始めるのではという予測です。

最近出た論文の中で、アレルギー性鼻炎を起こしやすくする要因は何かということについて書かれた論文がありましたのでご紹介したいと思います。

その論文では1990年にドイツの5つの都市で生まれたお子さん約1000人を対象にして、20歳になるまで調査し、何がアレルギー性鼻炎を起こしやすくするかを調べています(1)。

すると、ご両親がアレルギー性鼻炎であること、小さいときに牛乳や卵にアレルギーがあること、3歳までに湿疹が生じることが要因として導きだされたということでした。

この研究ではタバコ、大気汚染、ワクチン接種などの変えようとすれば変えられるような要因は関連していなかったとのことです。

喘息では農場などで多様な微生物にさらされて育つとよいとか、アトピー性皮膚炎にははじめから保湿をするとよいなどいわれてきていますが、ちょっとがっかりですね。

日本でも今、エコチル調査という同じような研究をしているのでその結果を待ちたいところです。何か解決できるものが見つけられれば良いのですが。

1) Linus B et al. Prediction and prevention of allergic rhinitis: A birth cohort study of 20 years. J Allergy Clin Immunol 2015;136:932-40.

ページトップへ