ダニの舌下療法について|横浜市都筑区の耳鼻科

横浜市都筑区の耳鼻科なら、なかがわ耳鼻咽喉科

0459143800

WEB予約受付はこちら

お知らせ

news

ダニの舌下療法について

お知らせ 2015年11月19日

11月19日(木)からダニの舌下療法が保険診療でできるようになりました。

これは減感作療法(アレルゲン免疫療法)の一つです。昨年10月から日本ではじめてスギの舌下療法が保険診療でできるようになりましたが、今度はダニによるアレルギー性鼻炎に対するものです。

治療により、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの症状が軽くなることが期待されます。

また、薬は飲んでいる間しか効きませんが、減感作療法はアレルギー性鼻炎を治したり、長期にわたってアレルギー性鼻炎症状を抑えることが期待される治療法です。

今回処方可能となるのはアシテアという薬で、錠剤を舌の下に入れ、薬が完全に溶けるまで待ちます(約2分間)、完全に溶けたら飲み込みます。

舌下療法イラスト

ダニの舌下療法でも、毎日薬を舌下に投与し3年以上続ける必要があります。

新しいお薬なので発売後1年間は2週間しか処方できません。

アシテアの対象は12歳以上の方となります。重症の気管支喘息、悪性腫瘍、自己免疫疾患・免疫不全症など免疫系に異常のある方はこの治療は受けられません。

全ての患者さんに効果があるわけではなく、治療を終了すると効果が弱まる可能性があります。副作用として口の中が腫れたり、また一番問題のある副作用としてアナフィラキシーが起こる可能性があります。

ダニの舌下療法はダニに対するアレルギー性鼻炎にしか効果がありませんので、採血などでダニのアレルギーであることを確認する必要があります。

これらのことがありますので、治療をご希望の方はまず外来でご相談ください。

 

お薬の費用は、3割の方ですと1か月で約2000円です。これに診察料、処方料などが加わります。

ページトップへ